葬儀の知識 :葬式の在り方、直葬の登場

葬儀

葬儀とは「葬送儀礼」の略語である。宗教的・社会的な言葉で、人が亡くなったときに行われるものを指す。
亡くなった人を葬ることは、宗教的に言えば今ここにある現世から高次の世界へその人を送り出すことを意味している。宗教の種類は数多く存在するが、そういう意味での「葬送」はほとんどの宗教で行われている。

「葬送儀礼」と言うように、「儀礼」でもある葬儀は、定型的なものである。その形は宗教の種類によってまちまちだが、或るひとつの宗教が誕生し、定着していくのに従って決まっていくものである。
信仰の自由が保証されている日本においては、仏教式のものを始めとしたさまざまな葬儀が行われているが、ここでは特に仏教式のものに焦点を置く。

方法

houhou

人が亡くなったときに行われる葬儀は、臨終の後に始まる、まとめて「葬式」と呼ばれる一連の儀式・儀礼の中核をなすものである。
人が亡くなることを「臨終」というが、その後、遺体は棺に納められ(納棺)、自宅に戻って「通夜」が行われる。
通夜ののちに行われるのが「葬儀・告別式」である。もともとこの二つは別々の催しであり、葬儀においては宗教者(僧侶)が読経を行い、亡くなった人を成仏へ導く。その場には遺族や少数の近親者に限られるというのが本来の形であった。
その催しが終わると、遺族も含み、亡くなった人と生前社会的な関係を持った人々が、亡くなった人との別れの時を持つ。このことを指して告別式と呼んでいたのである。

近現代に入って、時間短縮などを目的にこの二つの催しはひとつの儀式・儀礼としてまとめて行われるようになった。

上記のような方法は、一般的な仏教式のものであるということから「一般葬」と呼ばれ、「家族葬」や「直葬」などと区別される。

流れ

nagare

上述のように行われるのが現代において一般的に行われている葬儀である。
告別式とは、時も場所も分けて行われていた昔とは違い、現在ではどちらも斎場と呼ばれるそのための会場で行われる場合がほとんどである。

斎場には公営の集会施設や民営の専用施設、貸式場などが用いられる。
その斎場に亡くなった人の棺を置いて祭壇を設け、その前で僧侶による読経を行う。遺族と、会葬者として訪れた生前故人と社会的な関係を持った人々が一堂に会して読経のあとで焼香を行うというのが、一般葬の流れである。

それらの儀礼が終了すると、斎場からの出棺、火葬場での火葬が行われる。


イチ押しリンク

千葉でしっかりサポートしてくれる葬儀社|想送支援サポートケア リオル
東京で安心の葬儀ができる | 有限会社 龍黄社